整備済みの中古パソコンならPASOLET(パソレット)

パソコン本体、ハードディスクの処分が不安。そのな時は当店までご連絡ください!

古くなったパソコンの処分って不安ですよね

中に入ってるデータが漏洩したらどうしよう…

など処分に困るときがあると思います!

そんな時は当店にお任せください。当店で買取品、回収品すべて必ずデータ削除をしています!

そもそもデータ削除ってどうやるの??そんな疑問もあるかと思いますが大きく分けて2つのパターンがあります!

①論理データ削除方法

②物理破壊

上記2つの方法がほとんどになります。

まずは論理データ削除についてですが、みなさんご存じでしょうか?

パソコンでいらなくなったデータを消すことがあると思います。

例えばこの写真はもう印刷したからいらない。この文章はもう使わないなどなど…

この時パソコンではそのデータを削除してないんですね!

保存してる場所に何も保存してないよって保存場所の位置を消しているだけなんです!

なのでデータ解析ソフトなどでデータを取り出したり出来るのです!

つまり消したその部分に上書きでデータを保存することにより以前のデータを復元ができにくくなります。

ハードディスク全体に書き込みをすることが論理削除という作業になります!基本1回の乱数上書きで復旧難易度は格段に上がります。ソフトでの復旧などはまず難しいです。

この論理削除作業を当店は必ず専用の消去方法で乱数1回以上を行っております!

※回数はお客様のご指定回数によって変更しています。

かなり専門的な話なので短縮しますが、興味がある方はHDDのデータ保存方法やセクタチェックなどを調べるとハードディスクの仕組みなどがわかります!

次に物理破壊です!

その名の通りHDDに穴をあける作業になります。

作業前と作業後のHDDがこちらです。

ちなみにこの穴をあける作業ですが、金槌とかでは開けれないぐらいとても固いです!

専用に機械を使わないと、ここまで貫通して穴が開きません!

どっちが安全なの??という疑問ですが答えは

「両方する」です!

まず論理削除を行いその後に物理破壊をする!

こちらが一番確実です!

当店では乱数3回書き込み後に物理破壊のパックなどもございます!

もちろん削除証明書発行なども行っております!

会社の大事なデータが入ったパソコンや住所録が保存されているPCなどを処分される際は一度ご相談ください!

今は情報社会です!絶対にそのまま廃棄するなどはやめましょう!

くどいですが処分する前にまずはご相談を!!!

お問い合わせはこちらをクリック!


ページトップへ